1. HOME
  2. 形成外科

形成外科Plastic surgery

形成外科とは

形成外科は、主に体の表面に生じた病気を手術などで治療する科です。
ホクロなど皮膚のできものの手術、ケガの縫合、きずあとの修正術などを行っています。あざに対するレーザー治療も行っています。

皮膚腫瘍、ほくろ

当クリニックでは、ほくろ・粉瘤ふんりゅう・脂肪腫などの皮膚・皮下良性腫瘍の切除術を行っております。

詳細はこちら

あざ、外傷性刺青がいしょうせいしせい

当クリニックでは色素レーザー治療を行っておりますが、繰り返し治療を行うこともありますので、医師より十分な説明を受けていただいた上で、治療を開始いたします。

詳細はこちら

外傷、やけど、きずあと

外傷、やけどは、適切な治療を行なって、より早期に治癒させることで、きずあとを綺麗に治すことが期待できます。

詳細はこちら

巻き爪、 陥入爪 かんにゅうそう

当クリニックでは、巻き爪、陥入爪の治療を行っております。

詳細はこちら

腋臭症えきしゅうしょう(わきが)、多汗症

治療は汗をまめに拭き取る、吸水性のよい衣類を選ぶなどの生活指導の他、汗の分泌を抑えるローションやゲルなどを使用します。腋臭症の場合、わき脱毛を行うことで臭いが緩和する場合もあります。

詳細はこちら

下肢静脈瘤かしじょうみゃくりゅう

「弾性ストッキング(圧迫療法)」「硬化療法」「高位結紮術こういけっさつじゅつ」「ストリッピング手術」「血管内焼灼術」の治療を行っています。

詳細はこちら

眼瞼下垂症がんけんかすいしょう

眼瞼下垂症とは、視力などに問題がなく、先天的理由や後天的理由(眼筋疾患・加齢・コンタクトレンズ装用等)により、上眼瞼じょうがんけん(上まぶた)の機能に障害が生じ、上方向の視界が制限された状態をいいます。

詳細はこちら

ページの先頭に戻る