形成外科 | 皮膚科・形成外科・美容皮膚科 しんおおさかクリニック

予約はこちら

形成外科

トップ > 形成外科

形成外科一般診療

皮膚腫瘍・ほくろ

皮膚のできものを皮膚腫瘍といいます。皮膚腫瘍には様々な種類があり、基本的には局所麻酔下に切り取って、病理組織検査を行います。
当クリニックでは、ほくろ・粉瘤(ふんりゅう)・脂肪腫などの皮膚・皮下良性腫瘍の切除術を行っております。
ほくろについてはレーザー治療も可能ですが、この場合保険適応外診療となります。

詳しくはこちら

あざ

赤あざ(単純性血管腫・苺状血管腫・毛細血管拡張症など)や青あざ(太田母斑・異所性蒙古斑・外傷性刺青)、茶あざ(扁平母斑)のレーザー治療を行っております。

詳しくはこちら

外傷・熱傷など

外傷(切り傷・擦り傷)や傷跡(肥厚性瘢痕・ケロイド)、熱傷、陥入爪の治療を行っております。

詳しくはこちら

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、下肢(脚・足)静脈に血液が溜まって血管が拡張し、外見的に瘤(こぶ)のようになった状態をいいます。

こんな症状ありませんか?

  • 「足がむくむ」「痛む」「だるい」「重い」「疲れやすい」
  • 「しばしば足がつる」(こむらがえり)
  • 重症例では皮膚が障害され「皮膚炎」「湿疹」「色素沈着」「潰瘍(かいよう)
  • 静脈瘤にそって痛みを伴う「血栓症静脈炎」

※粘膜や皮膚の表面のただれや凹みを生じる病態

超音波検査やドップラー検査で、血管の大きさや走行・逆流の有無を観察し、下肢静脈瘤の診断を行います。
当クリニックでは、下肢静脈瘤の日帰り手術を行っております。

詳しくはこちら

眼瞼下垂

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、視力などに問題がなく、先天的理由や後天的理由(眼筋疾患・加齢・コンタクトレンズ装用等)により、上眼瞼(上まぶた)の機能に障害が生じ、上方向の視界が制限された状態を言います。
当クリニックでは、眼瞼下垂の日帰り手術を行っております。

詳しくはこちら

ページトップへ