皮膚科一般診療 | 皮膚科・形成外科・美容皮膚科 しんおおさかクリニック

予約はこちら

皮膚科一般診療

トップ > 皮膚科 > 皮膚科一般診療

一般皮膚科

湿疹・かぶれ・アトピー性皮膚炎・ニキビ・じんましん・白癬(水虫) 等の診察も行っております。

金属パッチテスト

金属アレルギーを起こす原因物質を調べる診断方法のことで、皮膚(多くの場合は背中)に金属を含んだ試薬を貼って、アレルギー反応が起こるかどうかを調べます。

金属アレルギーとは?

金属アレルギーは、直接金属がアレルギー反応を起こすことはありません。汗や体液によって金属がイオン化して溶け出し、これが皮膚や粘膜で新たなタンパク質となります。これに免疫を担当する細胞が過剰に反応することで症状が出現します。

どんな金属でアレルギーが起こるの?

一般的に「アレルギーの頻度がいちばん高い」と言われている金属には、水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウムが挙げられます。言い換えると「溶け出しやすい」ということでもあります。

私たちの身近にあるものには、ニッケルやコバルトが多く使用されています。アクセサリーやメガネ、ヘアピン、お金に使われる金属として最も多いのはニッケルです。入れ歯にコバルトが使用されていたりします。実はチョコレートにもニッケルやコバルトが含まれています。驚きですよね。

逆に「金属アレルギーになりにくい」(溶け出しにくい)と言われている金属は、チタン、銀、プラチナ、金、亜鉛....と続きます。

金属アレルギーのいろいろ

ニッケル:Ni
ニッケル
ニッケルは、加工しやすくてさびにくく、しかも安いこともあって金メッキの下に多く使われています。イヤリングやネックレス、指輪、ブレスレット、メガネのフレームなど私たちの身近で多々利用されています。
しかし、汗の中の塩素イオンはニッケルを溶け出させる作用が強いため、汗によってニッケルイオンが溶け出し、皮膚炎を起こす原因になります。また、ニッケル加工されたアクセサリーは表面に変色や腐食などの変化がないため、アクセサリーが原因で皮膚炎を起こしたことに気がつかないことも多いのです。
コバルト:Co
コバルト
ニッケルと関連性の深いアレルギーで、ニッケルアレルギーの半数以上の人にコバルトアレルギーがあると言われています。ニッケル同様、私たちの身近で多々利用されていて、食品はもちろん、磁石や入れ歯に使われることもあります。
また、コバルトは人体に必要な栄養素「ビタミンB12」の主要成分のひとつなので、摂取しない、という訳にはいきません。
クロム:Cr
クロム
クロムには3価(Cr3+)と6価(Cr6+)があり、アレルギー性クロム皮膚炎を起こすのは、6価クロムと呼ばれるものです。メッキによく利用される他、皮を“なめす”のにも使用されている金属で、なめし皮を使用した腕時計や、手袋、靴などでもアレルギー反応が出ることがあります。鉄とクロム(又はクロムとニッケル)を合わせたものが一般的な「ステンレス」と呼ばれる合金です。
金:Au
金
金は溶けにくい性質があるので、アレルギーを起こすことはほとんどないと言われています。しかし、ピアスは直接皮膚の真皮と接触するためアレルギーを発症しやすくなります。
また、「金」と表示してあっても「金」以外の金属が混ざっていて、そのどれかの金属によってアレルギー反応が起こっていることがあります。ちなみに、「ホワイトゴールド」という金属がアクセサリーに使われることがありますが、これは金、ニッケル、銅、亜鉛などの成分による合金で、その表面にパラジウムやロジウムなどのメッキが施されています。

金属は食品にも含まれています。

ニッケル
ココナッツ・チョコレート・きなこ・大豆など
コバルト
豆・ナッツ・チョコレート・ココア・紅茶など
クロム
チョコレート・パルメザンチーズ・昆布など

歯科金属でもアレルギーは起こるの?

虫歯になったときなど、歯の治療にも金属は使用されています。とくに、口の中は唾液によって金属が溶けてイオン化することがあり、アレルギー反応を起こすことがあります。症状としては、歯肉炎や口唇炎、また舌炎などの炎症や味覚異常、歯や歯肉の変色、さらに全身の湿疹などの症状がでることもあります。ただし、アクセサリーなどによる接触皮膚炎に比べれば、その頻度は低いと言われています。

歯科用合金としてよく使われアレルギーを起こしやすい金属には、アマルガム合金や銀合金などがありますが、アマルガム合金は最近はあまり使われていません。
一方、インプラント(人工歯根)の材料に使われるチタンはアレルギーを起こしにくいと言われています。
また、金属ではなくセラミックなどを使用する治療もありますが、ほとんどの場合保険が適用されないため、治療費がかかります。

万が一、歯科金属によってアレルギーが起こったら、その原因となった金属を取り除き、別のものに取りかえることが望ましいでしょう。

金属アレルギーの検査はどうするの?

現在のところ、最も信頼性が高い検査はパッチテストであるとされています。
検査結果が陽性の場合はその金属のアレルギーであると診断できますが、陰性だったとしても検査中のコンディションなどの影響で必ずしも金属アレルギーでなはいと言いきれない部分があります。

試薬名 試薬名
1 塩化アルミニウム2% 11 硫酸クロム2%
2 塩化金酸0.2% 12 硫酸銅1%
3 塩化第二スズ1% 13 硫酸ニッケル5%
4 塩化第二鉄2% 14 塩化亜鉛0.5%
5 塩化白金酸0.5% 15 塩化マンガン2%
6 塩化パラジウム1% 16 臭化銀2%
7 三塩化インジウム1% 17 アマルガム5%
8 四塩化イリジウム1% 18 アマルガムアロイメタル20%
9 塩化コバルト2% 19 塩化第二水銀0.005%
10 重クロム酸カリウム0.5% 20 ワセリン

金属パッチテストの手順

検査当日

通常、上背部に試薬を含ませたシール状のパッチを貼ります。貼ったパッチがはがれやすそうなときは、周囲を絆創膏で補強することもあります。パッチ貼付後から第1回判定まで(2日後)は、入浴できません。また、ひどく汗をかかないように心がけ、激しい運動は控えるようにして下さい。
2日後(第1回判定日)
パッチ除去後、判定を行います。
パッチは除去されているので入浴は可能ですが、貼ってあった部位にマークをつけていますので、消してしまわないようご注意下さい。
3日後(第2回判定日)
この日も、判定を行います。
7日後(第3回判定日)
診察が可能な方は、お越し下さい。

イボの治療

イボとは

イボとは、皮膚の表面にできる小さな突起物のことです。疣贅(ゆうぜい)とも言います。多くはウイルス性で、その種類により、できるイボの部位、形状は様々なものがあります。感染するおそれがあるものもあり、早めに医療機関を受診することが望ましいです。

イボの原因

イボの原因といわれているのは、「ヒトパピローマウイルス」です。ヒトパピローマウイルスは、「ヒト乳頭腫ウイルス」とも呼ばれ、100種類以上あるといわれています。皮膚にできた小さい傷口からヒトパピローマウイルスが侵入し感染することで、イボがあらわれると考えられます。
どのようなイボであっても、感染するおそれがあると考えられていますが、感染経路は不明です。ヒトパピローマウイルスは、種類が多く、自然界だけではなく、人の身体にも存在しているため、感染経路を解明するのは困難です。

イボの種類

代表的なイボの種類は以下の通りです。

  • ①尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
    外傷を受けやすい露出部、とくに手指、足底、膝、顔面に現れます。ささくれなど傷のある皮膚に感染し、数カ月後にウイルスが増殖すると皮膚が隆起し発疹が出ます。次第に大きくなって角化し、ガサガサとした表面が現れます。
    顔面や首では、先端がとがった細長い突起物になることがありますが、足の裏では、体重のために隆起できず、タコやウオノメと間違ってしまいやすい点があり注意が必要です。
  • ②伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)
    一般的には「水いぼ」と呼ばれるものです。直径1~5mm程度の光沢を帯びた小丘疹を生じます。胸・脇の下・肘・膝などに出ます。大きいものではえんどう豆大になることもあります。
    このイボの中にはウイルスとウイルスによって変性した細胞の塊が含まれています。
    周囲に湿疹ができている場合や、治りかけのときにかゆみがでることがあり、患部を掻きこわすと手指にウイルスが付着し、感染が広がっていきます。
    伝染性軟属腫は、半年から2年程度で免疫を獲得して自然治癒しますので、必ずしも治療が必要な病気ではありません。
    ※2013年5月、日本臨床皮膚科学会、日本小児皮膚科学会などから、伝染性軟属腫は、プールの水ではうつらないので、プールに入っても構わないが、タオル、浮き輪、ビート版などを介してうつることがあるので、「これらを共用することは出来るだけ避けましょう」「プールの後はシャワーで肌をきれいにしましょう」という統一見解が出されました。
    ただし、医療側としてはプールを許可しても、学校や幼稚園、保育園などの現場ではなかなか許可していただけないのが現状のようです。
  • ③扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)
    扁平疣贅は青年性扁平疣贅と呼ばれることもあり、比較的若い世代や女性に発症します。顔面、手の甲、前腕などに、2~3ミリの台状の薄い褐色をした丘疹が多数できることが特徴です。成長とともに自然治癒していくのが一般的ですが、湿疹やにきびと間違って治療すると、悪化する場合がみられます。
  • ④尖圭(せんけい)コンジローム
    性器や肛門のまわりにできるイボの一種で、カリフラワーや鶏のトサカのようなものもあるなど形状が特殊です。痛みやかゆみなどを伴うこともありますが、ほとんど自覚症状はありません。性交渉で感染するため、性病として位置づけられています。そのため他の性病と同じく20代に最も多く発症します。治療を行ってもウイルス自体を完全に取り除くことは難しく、3ヶ月以内に約25%が再発すると言われています。また、3ヶ月程度の潜伏期間があるため、感染元は特定することが困難な場合もあります。自分に症状が出た場合は、パートナーも感染していることが多くありますので、注意が必要です。

イボの治療

1)液体窒素による冷凍凝固

マイナス196℃の液体窒素を浸した綿棒でイボを冷凍凝固します。冷凍により皮膚に炎症が起を人為的に起こす方法なので、人によっては強い痛みを感じることも多いようです。数回の治療をくりかえす必要があり、治療期間は3か月から1年と比較的長めです。
色素沈着(炎症後色素沈着)をおこすことも多いです。

2)電気メスによる焼灼法

局所麻酔を用いて、電気メスにより幹部組織に電気放電を行い熱凝固を起こすことで、イボを取り除いていきます。この治療法は児童には、不向きな治療法だとされています。

3)ヨクイニンによる内服治療

ヨクイニンとはイネ科の麦の一種・ハトムギの皮を除いた種から得られる成分で、漢方薬でもあります。タンパク質やビタミン、カルシウム、カリウム、鉄など高い栄養成分を含み、いぼの治療の他にも免疫力の向上や吹き出物にも効果があると言われています。ヨクイニンは西洋医学としての直接的ないぼの除去効果を狙うものではなく、東洋医学の観点から体の免疫力を向上させることでイボの原因であるウイルスの力を弱めるという方法なので、完治したと感じるまでにはかなりの期間がかかるようです。

4)その他の治療法

他にも角質をスピール膏で柔らかくしてから患部を削り取る方法や、ビタミンD製剤や抗ウイルス剤を塗る痛みの少ない治療法もありますが、冷凍凝固療法やレーザー療法に比べると、思ったほど効果が現れなかったり治療期間が長引く…といった傾向が見られることがあります。

~老人性疣贅(加齢とともに増加するイボ)~

名称の通り、加齢に伴って出現するイボにはいくつかの種類があります。

  • ①脂漏性角化症
    手のひらや足の裏以外であれば全身のどこにでもできるのが特徴。発生当初は1~2ミリの小さなものですが、次第に大きくなります。色は濃い肌色から黒色まで様々で、形も平であったり隆起していたりなど様々です。顔面や手の甲、腕、肩など日光の浴び方などにも左右されます。
    ほとんどは良性のものですが、中には悪性のガンである可能性もありますので気になるイボを見つけたら早めに医療機関を受診することが望ましいです。
  • 脂漏性角化症
  • ②アクロコルドン・スキンダック
    あまり聞きなれない病名だと思いますが、首にできる小さないぼというと「ああ、あれか」とお分かりになるかたも多いのではないでしょうか。首だけでなく、脇、胸、まぶたや目の下、太ももの付け根(ソケイ部)など皮膚が薄く柔らかい部位・摩擦に弱い部位にできやすく、首から胸もとにできるイボの多くをこれらのタイプが占めています。良性腫瘍の一つです。
    20歳くらいから出現する人もいますが、特に多いのは中高年層です。
    見た目の問題や、放置するとネックレスなどに引っかかるというトラブルは起こります。特に女性の場合は顔や首など目立つ箇所にできると、外見上あまり良くないため取り除きたいと考える方も多いでしょう。治療する場合は、ハサミでチョキンと切るのみの簡単な方法ですので、小さなうちに早めに医療機関を受診することが望ましいです。
  • スキンダック

ページトップへ