脱毛症 | 皮膚科・形成外科・美容皮膚科 しんおおさかクリニック

予約はこちら

脱毛症

トップ > 皮膚科 > 脱毛症

円形脱毛症

円形脱毛症というのは、ある日突然脱毛し始め、範囲は最小で10円玉くらいから、最大で全身に至るものまであります。普通は半年から1年程で自然に発毛してきますが、繰り返し脱毛が起きたり、脱毛範囲・箇所が増えてしまう場合もあります。

円形脱毛症にも種類がある?!

  1. 単発型・・・脱毛斑が1~2箇所できるもの
  2. 多発型・・・脱毛斑が10箇所以上できるもの
  3. 全頭型・・・頭の毛が全て抜けてしまうもの
  4. 汎発型・・・頭の毛だけでなく、眉毛やまつ毛、体毛まで抜けてしまうもの

何が原因??

原因は、遺伝的素因に基づいて発症する「自己免疫疾患」と考えられています。
また、精神的ストレスは発症のきっかけや憎悪因子になることがあります。
免疫系は、外部からの侵入物を攻撃することにより、私たちの身体を守っています。自己免疫疾患はこの免疫システムに異常を来し、髪の製造元である毛包をリンパ球が外敵侵入と間違えて攻撃してしまうのです。
その結果、正常に毛を作ることができないというわけです。
また、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を持つ人の場合、円形脱毛症の発症が多くなるといわれています。

どうやって治療するの??

ストレスによって発症した場合ほとんどは自然治癒します。しっかりと睡眠をとるなどして、ストレスを解消しましょう。それでも治らない場合、当クリニックでは以下のような治療を行っています。

1.外用治療

局所免疫療法
かぶれを起こす特殊な薬品(DPCP・SADBEなど)を脱毛部に塗って、弱い皮膚炎を繰り返し起こさせる治療法です。タイプによりますが有効率は70%以上で、現在最も有効な円形脱毛症の治療法です。
フロジン液
血管拡張作用を持つ医療用医薬品です。
ステロイド
炎症を抑える優れた薬です。初期の脱毛には非常に有効だとされていますが、難治な患者さんにはほとんど無効です。脱毛部にステロイドを局所注射する治療法もありますが、広範囲な場合は不適当な治療法です。

2.内服治療

セファランチン
アレルギーを抑えたり、血流をよくする飲み薬です。
抗アレルギー薬
円形脱毛症に有効だと報告されている飲み薬です。
ステロイド
炎症を抑える優れた薬です。初期の脱毛には非常に有効だとされていますが、難治な患者さんにはほとんど無効です。

*現在内服または外用している薬があれば医師にお伝え下さい。
治療の効果には個人差があり、発毛までに2年かかる方もいらっしゃいます。根気強く治療を続けましょう。

AGA

AGAとは、AndroGenetic Alopecia(男性型脱毛症)の略で、遺伝と男性ホルモンが関与する、全頭・頭頂部に生じる進行性の脱毛症です。

こんな人は要注意!!

  • 家族に髪の薄い人がいる
  • 抜け毛が気になる
  • 髪の毛にハリがない
  • 額の生え際・頭頂部の髪の毛が薄い、または抜け始めている

「プロペシア」による脱毛治療

プロペシア(一般名:フィナステリド)は、男性型脱毛症用薬として世界で初めて認められたお薬です。AGAの人の頭皮部分に多くあるとされる男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)という物質が作られるのを抑えることで髪の毛の成長する周期を正常化し、抜け毛を抑えます。2005年10月に日本で承認を得ました。

「ザガーロカプセル」による脱毛治療

ザガーロ(一般名:デュタステリド)の作用機序は、プロペシアの主成分であるフィナステリド同様、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な(5α-リダクターゼ)を阻害することでDHTの生成を抑制しAGA5α-還元酵素を改善します。5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型がありフィナステリドはⅡ型しか抑えることができないのに対してデュタステリドは、Ⅰ型とⅡ型の両方の働きを抑えることができるのが特徴です。
日本では2015年9月に承認を得ました。

hatsumo-web.jp

どっちがいいのかな?

これまでⅡ型にしか作用しないプロペシアではあまり治療効果が得られなかった方も、ザガーロがⅠ型とⅡ型の両方に作用することによって、治療効果に期待できるようになりました。服用の際には医師とご相談下さい。

*プロペシア錠・ザガーロカプセルは女性には効果が認められていません(妊娠中の婦人が服用すると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります)。

女性男性型脱毛症

卵巣や副腎で作られている男性ホルモンにより、毛を作る細胞が男性ホルモンの影響を受けやすい体質を持っていると、男性型脱毛症が生じます。女性の男性型脱毛症の発症時期は30歳前後に気づく方もいますが、さらに高年であることが一般的です。

どうやって治療するの?

外用療法
女性に対して最も効果が明らかなものは、ミノキシジル溶液です。日本では、2005年に1%ミノキシジル溶液が一般用医薬品として承認・発売されましたが、海外では2%溶液の1日2回塗布、5%の溶液の1日1回塗布が女性用として一般的に使用されています。
カモフラージュ
女性の場合、男性のAGAと異なり、薄毛の変化が多様です。現段階ではウイッグとつけることにチャレンジしたり、パーマ、カラーリングでおしゃれを楽しむのも一つの方法でしょう。

光線療法

エキシマライト

308nmの紫外線を患部に照射して処置する治療法です。
尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)・乾癬(かんせん)・アトピー性皮膚炎・円形脱毛症・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などに効果的です。

※円形脱毛症は保険適応外です。

ページトップへ