皮膚科 | 皮膚科・形成外科・美容皮膚科 しんおおさかクリニック

LINE友だち追加

皮膚科

  1. トップ
  2. 皮膚科

皮膚科一般診療

湿疹・かぶれ・アトピー性皮膚炎・じんましん・ニキビ・白癬(水虫)などの診察を行っております。
金属パッチテスト(※土曜日のみ)も行っております。

詳しくはこちら

イボ治療

イボとは、皮膚の表面にできる小さな突起物のことです。疣贅(ゆうぜい)とも言います。多くはウイルス性で、その種類により、できるイボの部位、形状は様々なものがあります。感染するおそれがあるものもあり、早めに医療機関を受診することが望ましいです。

詳しくはこちら

脱毛症

円形脱毛症

円形脱毛症というのは、ある日突然脱毛し始め、範囲は最小で10円玉くらいから、最大で全身に至るものまであります。普通は半年から1年程で自然に発毛してきますが、繰り返し脱毛が起きたり、脱毛範囲・箇所が増えてしまう場合もあります。
現在では、自己免疫が原因と考えられています。

詳しくはこちら

休止期脱毛症

休止期脱毛とは、休止期が3ヶ月以上延長したり、成長期から急に休止期に移行したり、休止期から成長期に戻らなかったりすることで、脱毛の発生や、緩やかに毛の密度が低下する変化と考えます。
休止期では抜けた毛根は棍棒状(マッチ棒のような形)です。

詳しくはこちら

先天性乏毛症(縮毛症・乏毛症)

先天性乏毛症は、生まれつき髪の毛の量が少なく縮毛となる疾患で、※常染色体劣性遺伝の形式をとる遺伝性疾患です。日本人には1万人~2万人に1人と言われています。
先天性乏毛症を発生させる要因(原因遺伝子)はいくつかありますが、日本人における先天性乏毛症の多くは、LIPH遺伝子の変異によるものだと考えられています。
このLIPH遺伝子が異常を起こすために、必要なLPA(リゾホスファチジン酸)を生成できず、毛の脆弱化や成長障害、毛包形成異常などが起こり、乏毛症を生じます。
日本人の先天性乏毛症の9割はこのLIPH遺伝子の異常(欠損)が原因と言われています。

詳しくはこちら

AGA

AGAとは、AndroGenetic Alopecia(男性型脱毛症)の略で、遺伝と男性ホルモンが関与する、全頭・頭頂部に生じる進行性の脱毛症です。
当クリニックでは、脱毛の相談や処方を行っていますので、お気軽にご相談下さい。

詳しくはこちら

FAGA(女性男性型脱毛症)

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが大きく影響している脱毛症で、特徴は異なりますが、女性にも起こり得ます。女性の場合は、男性のAGAと区別するために「女性男性型脱毛症(FAGA=FemaleAGA)と呼ばれることがあります。AGA同様、FAGA(女性男性型脱毛症)も、何もしないで自然に症状が改善していくということはありません。

詳しくはこちら

光線療法(エキシマライト)

従来の紫外線療法よりもさらに効果の高い308nmの紫外線を患部に照射して処置する光線療法です。

詳しくはこちら

髪の毛のQ&A

毎日髪の毛がすごく抜けます。このままなくなるのではないかと心配です。
抜け毛は個人差や季節によっても変化しますが、正常なヘアサイクル(毛周期:髪の毛が生えてから抜け落ち、再び生えてくるまでの周期の事)では、一般的に50~100本程度です。女性の方は髪が長い方が多いので、シャンプーの度に不安になるかもしれませんが、100本までの抜け毛は正常範囲内です。
髪の毛は毎日洗わない方がいいですか? どんなシャンプーを使ったらいいですか?

洗髪をし過ぎれば髪の毛は痛みますが、脱毛とは関係ありません。また、シャンプーの値段や素材によって抜け毛が増えることはありません。ご自分のライフスタイルにあわせて、お気に入りのシャンプーをお使いくださいね。

頭皮のマッサージをした方がいいですか?
頭皮が硬く血行が悪いと抜け毛が増える・・・といったメッセージが映像で流れ、予防するため頭皮を手でマッサージしている方もいらっしゃると思いますが、これに科学的根拠はありません。抜け毛と頭皮の質・抜け毛と血行には関連性がありません。
毛染めはしてもいいですか? パーマはしない方がいいですか?
脱毛症は、免疫システムに異常を来し、髪の毛の製造元である毛包が攻撃されてしまう病気です。頭皮の内側で起こっている事ですので、毛染めやパーマを行うことに問題ありません。毛染めやパーマ液で頭皮がかぶれる方は注意していただきたいのですが、ヘアカラーやパーマで脱毛症が進行することはありません。たくさんオシャレを楽しんでくださいね。
どんなことに気をつければいいですか? 何を食べれば髪の毛にいいですか?

髪の毛のためにしてはいけないこと・すればいいこと・・・それは特にありません。もちろんお食事に関しても脱毛に効果的な食べ物はありません。昆布やわかめは?といった声が聞こえてきそうですが、特定の成分(海藻類に含まれるヨードやミネラルなど)を摂取することが、髪を育てたり黒くするというのは、科学的根拠がないのです。ただし、極端なダイエットで栄養失調になると、成長期にある髪の毛に障害をきたします。髪を丈夫に保つためには、栄養のバランスを考えて適量を食べるのは大切なことです。

ページトップへ